借金問題は早急に

長く借金問題を抱えている人は、経済的な問題だけでなく、精神的にも厳しい時期を過ごすことになります。法的な手続きを取って借金を減額し、新たなスタートを切れるのであれば早めに対処したほうが良いことは明らかです。なかには借金の督促などに悩まされていて、ギリギリの精神状態になっている人もいるかもしれません。

そのような場合は1日も早く弁護士に相談し、債務整理の手続きに入ることをおすすめします。弁護士が債務整理の手続きを開始すると弁護士から債権者に対してその旨が通知され、弁護士権限で取り立てや督促をすぐにストップすることができます。腰を据えて返済計画を立てていくためにも、まずはこうしたステップは安心をもたらしてくれます。

参照HP
債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

債務整理の最初の相談を無料で受け付けている弁護士事務所も多いですし、任意整理などに関しても、すぐに費用を請求されるようなところは少なくなっており、過払い金が生じた場合にはそこから費用が差し引かれたり、過払い金が発生しない場合の任意整理などでもかかった弁護士費用に関しても、分割でゆっくり払わせてくれたりと、当人が状況を立て直しやすいようになっているところが多いです。ぜひ弁護士の無料相談を有効活用しましょう。

弁護士へご相談を

今世の中では過払い金請求に関するCMが盛んにおこなわれています。注意深く聞いていると司法書士の事務所のCMもよく聞くということに気づかれると思います。実際のところ債務整理は弁護士だけの仕事ではなく、司法書士にお願いすることもできます。

ところが司法書士には扱える借金の額に制限があり、借金総額あるいは過払い金などの額が140万円以下の場合にのみ交渉権が与えられています。ですから今債務整理をお考えの皆さんで、借金の総額が140万円を超えている方の場合、自動的に司法書士に債務整理を依頼するという選択肢はなくなるわけです。

弁護士に債務整理を頼む場合、額の高い借金問題でも対応できるという点以外に、民事や商事などさまざまな分野で法的な対応が可能ということも心強いポイントになります。他にも自己破産という方法をとる場合には弁護士に代理人になってもらった場合には即日面接可能となり、破産の申し立てから3ヶ月ほどで手続きを完了させることができますが、司法書士に依頼した場合には破産の申し立てから借金が無くなるまでに半年ほど時間がかかってしまいます。こうした面を考慮すると債務整理の時に弁護士に依頼するメリットは非常に大きいということがわかります。

債務整理を考える

多くの人がクレジットカードのキャッシング機能やカードローンを利用するようになって便利な世の中にはなりましたが、一方で上手に借り入れをコントロールできず、負債がかさんでしまう人も増えています。そのような場合コツコツと返していくことも可能ですが、ツラい借金生活が長く続いてしまうことも多いようです。そのような場合には早い段階で債務整理に踏み切って、一からスタートする選択をしたほうが良い場合もあります。

債務整理といってもどのような手続きになるかはケースバイケースで、任意整理から自己破産までさまざまです。いずれにしても借金を減額、または無しにして生活を立て直すために正しく手続きする必要があります。もちろん債務整理をすることによって一定の不便を被る面もありますが、出口の見えない借金生活が続くよりも債務整理を利用したほうが良い場合も多いようです。実際のところ債務整理をした人の多くが、早く専門家に相談して債務整理に踏み切ればよかったという意見を述べているのも事実です。

債務整理をおこなう場合、まずはインターネットで情報を集める方がほとんどだと思いますが、ネット検索するとすぐに司法書士の事務所による債務整理の相談と、弁護士事務所による債務整理の相談が目に付くでしょう。ここでは弁護士に相談するメリットと債務整理のメリットについてご一緒に考えてみましょう。任意整理をはじめとする手続きに踏み出す勇気を得ることができるでしょう。