弁護士へご相談を

今世の中では過払い金請求に関するCMが盛んにおこなわれています。注意深く聞いていると司法書士の事務所のCMもよく聞くということに気づかれると思います。実際のところ債務整理は弁護士だけの仕事ではなく、司法書士にお願いすることもできます。

ところが司法書士には扱える借金の額に制限があり、借金総額あるいは過払い金などの額が140万円以下の場合にのみ交渉権が与えられています。ですから今債務整理をお考えの皆さんで、借金の総額が140万円を超えている方の場合、自動的に司法書士に債務整理を依頼するという選択肢はなくなるわけです。

弁護士に債務整理を頼む場合、額の高い借金問題でも対応できるという点以外に、民事や商事などさまざまな分野で法的な対応が可能ということも心強いポイントになります。他にも自己破産という方法をとる場合には弁護士に代理人になってもらった場合には即日面接可能となり、破産の申し立てから3ヶ月ほどで手続きを完了させることができますが、司法書士に依頼した場合には破産の申し立てから借金が無くなるまでに半年ほど時間がかかってしまいます。こうした面を考慮すると債務整理の時に弁護士に依頼するメリットは非常に大きいということがわかります。